SSブログ

大会準備 [大会]

さあて、ぼちぼちシーズンインが近づいて参りました。
先ずは1か月後のカシオペア小型スタント機大会ですが、セレナの水上機仕様で出よ!!との主催者からの要請(笑)がありましたので、練習せねばなりません。よく飛ぶ飛行機ではありますが、そうはいってもそれなりにやり方がありますので練習は必要です。昨日ようやく滑走路が白くなったので飛ばせました。飛ばす位置、大きさの確認が出来て良かった。そこで分かったのは、電池がへたる後半になるとフロートがついているが故の癖が強く出てくることです。カシオペア大会は参加者が多くなることが予想されるため1回の出番で2回パターン飛行を繰り返すこととなりそうです。そうなると初めに気持ちよく飛ばしてしまうと2回目が苦しくなります。そこの配分を考えねば。それが分かっただけでも昨日は飛ばせて良かった。

ところで、関東地方では初となるカシオペア大会に向けて、参加予定の皆さまは鋭意練習中のご様子ですね。私は今回「コミック部門」(笑)での参加なので、皆様には是非頑張っていただきたく、微力ながら裏方でお手伝いさせていただきます。

つきましてはお手伝いになりますかどうかわかりませんが、パターン飛行上達のコツをご紹介しますね(カシオペア大会には間に合わないかもですが)。
①大会に出る機体を決めたら、目指す大会までは他の機体は飛ばさない
②良き師匠を見つける
③集中力と反復練習

①パターン飛行(スタント)大会って何かって言ったら「決められた空域で決められた図形を正確に描いた人が偉い」って競技です。なので相当に微妙なコントロールが必要です。機体を変えるとその度に感覚が元に戻るまでには、最低でも数フライトを要します。てことは折角の日曜日に飛ばしても、感覚を戻すだけで一日を終えるってことになりかねません。これでは進歩がありません。「趣味だからいろんな飛行機を飛ばして楽しみたい」のは当然ですし、私もそうしたいです。ですが大会に出るという目標、パターン飛行が上手くなりたいという望みがあるのでしたら、それが達成されるまでの間はその目標に向け頑張りましょう!! あれもやりたい、これもやりたい。それでも上手い人はいます。いますが彼らは極一握りの「天才」です。凡人が天才と同じ事やっても、同じようには絶対に出来ません。
機体の調整・整備は完璧にやりましょう。私も他人様の機体を飛ばさせていただく機会があるのですが、トリム調整すらもされていない方がいらっしゃいます。舵角も必要のない程大きい場合も多々。重心位置も合っていない。非常に飛ばし難い機体を当たり前のように飛ばしています。市販されている機体でしたら大概スポーツマンクラスの演技は出来ます。飛ばし易いかどうかは調整である程度カバー可能です。ご自身の機体の調整がそれでいいのか悪いのか、他の人に飛ばして貰って判断していただくのも一手です。

②師匠って言っても、そういう環境に無ければどうしようもないのですが、いなければ自分から押しかけるっていう程の熱意も必要かもしれません。自称「師匠」の「教え魔」さんにはご注意ください。あっ私??(笑)。私は聞かれたらその3倍しゃべっちゃいます。ごめんなさいm(__)m
誰に聞いたらいいか判らない場合は、できればここ10年以内のF3A選手権フライヤーか現選手権ジャッジをされている方がベスト。大会ってF3Aルールに準じてジャッジングされますので、過去の経歴がどんなに素晴らしくても、現在の基準に合わないことを教えられることがあります。ご本人に悪気はないのですが、それは今は違うよねっていうことがよくありますので注意が必要です。
で、聞くからには素直に実行しましょう。面白いもので「聞き魔」ってのもいらっしゃいます。いわゆる「教えてちゃん」ですが、いろんな人に聞き捲るんですが、聞いたことを自分なりに勝手に解釈して、言われた通りには絶対しない人。折角核心をついた良いアドバイスを貰っているのに無視する人。だったら聞くなって思うんですけどね~(笑)

③フライト中にしゃべる方がいます。それもその方のスタイルなので否定はしませんが、私は少なくとも練習フライト中に話しかけられるのはちょっと困ります。色々考えながらやっているので、会話に頭を使う余裕がありません。生返事だったり無反応だったりしますが、そういうことなのでご了承願います。余興で飛ばしてる分には声かけてもらっても一向に構わないんですけどね。演技中に「あー失敗」「上手くいかないー」って口に出てる方もよく見かけますけど、それは他人を意識しているからなんです。言い訳ですね。集中できていない証拠です。フライトの「失敗」は当たり前で「失敗」は恥ずかしいことではありません。如何にその失敗を修正するかを考えることが大事。どこがどうなったから失敗なのか。原因はどこにあるのか。それが解明されない限りは同じ失敗が何度も繰り返されます。「失敗」で終わるのではなく、それが上達のスタートラインだということを感ずるべきです。そもそも「失敗と分かった」ということは、「失敗じゃない形のイメージがある」ということですから、これは明確な上達への前進です。前向きに捉えましょう。
どんなスポーツでも、習い事でもそうですが、回数を重ねることは大事です。上達するということは筋肉のコントロールであると言えます。筋肉をコントロールするにはそのための専用神経回路を作ることが必要です。神経回路は必要であれば他に先駆けて作られるし、必要でなければ衰退します。神経回路は細胞ですからそんな1日や2日でできませんのである程度の期間が必要です。その間、動作を繰り返すことによって作られます。だから皆練習するんですね~。私の勝手な考えかもしれませんが、練習して少しずつ上手くなっていることを実感することってなくて、ある時から突然できるようになります。それって新たな神経回路が繋がったからだと思うんです。しかも毎日ダラダラやってるよりも、連続してやった後でちょっと休んだ後に突然できたりします。やらなかったら何にもできませんが、集中してやって休む、でまた集中してやって休むってことの繰り返しで前進している気がします。やっても出来ないからって、そこで止めてしまったら何にもなりません。繰り返すことが大事。せっかく育ち始めた芽を摘んでしまったらもったいない。

なんでパターン飛行をするのかっていうと、要は飛行技術の向上のためなんです。技術がなければ危険を呼ぶ。安全に飛行を楽しむためには必要で大切です。辛くなったら原点に返って、将来の楽しみのために今腕を磨く時期なんだ、という意識でやったらいいんじゃないでしょうかね。間違いなく後で役立つ技術ですからね~(^_-)-☆

nice!(0)  コメント(2) 

2020年フタバ新年飛行会 [大会]

昨年に引き続き,フタバ勝間飛行場に行ってきました
前回はEPの部だけの参加でしたが、今年は25GPとスカイリーフマスターJrの2部門の参加です
今日の様子を動画にしました(手抜きです)
どうぞ


5D2B2A64-18A9-4D58-B759-455FE376F2EF.jpeg9F6BA69A-58CD-48CD-BB5E-14F6624C1350.jpegC7CED0E7-70F4-4FB4-A7E1-6C108EE3159E.jpegA5BB1B50-2610-4684-896C-E46876797E45.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

2019冬 電動機の集い [大会]

行ってまいりました
朝は1℃位で寒かった
持って行ったのはこの2機
70C4E47B-FF37-4FAE-BEAB-39DF768EB239.jpeg
スカイリーフコンビです
特にマスターJrはもう地元では雪で飛ばせないので、1月の双葉パイロンに向けて調整します。やはり前回、初飛行の時に比べてダントツの力強さです。ハイ側35Aにカットしてますが、それでもグイグイ垂直上昇します

ところでクロスの飛行場ですが、先日の台風の影響で川の流れがだいぶ変わっていて、なんと水上機が出来そうな場所が出来てました
58ACF0E4-A5A7-4B27-A770-3CA007073604.jpeg0BF7A328-D5A7-49D0-9B97-052A9BCA0C37.jpeg
A56DE354-8817-4F1A-A800-10C2C940F655.jpeg
今日は風が強く、着陸後におっとっとも有りましたが、楽しめました
70429EF3-3BEE-4674-9479-20AE1BA06F3F.jpeg
381911C1-7A94-448E-8E61-EDA830A3EAA2.jpeg
WTNBさんのセスナはバリバリスタントしてましたねー
26C0ECE1-76DA-4367-BBFE-7CD16E69DBC3.jpeg
私は電池4本×2しか持ってこなかったので、それでも8フライトして満足満足^_^
主催の角倉さん、クラブの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

nice!(0)  コメント(1) 

MBP+セイワ芋煮飛行会 [大会]

朝から小雨が降ったり止んだり
今日は表題の通り、飛行会です
E2DA0960-21C1-484E-BBBE-AE68C81A587E.jpeg
先ずはセイワパイロンレース電動機の部から。久しぶりのネメシスですが間違ってデータを消して、昨日ザクッと飛ばしたものの今一つフラフラ。予選ヒートでは勝ち抜けたものの、どうもターン後の戻しの舵が遅れる?おかしい?と言ってる間に決勝ヒート。離陸でリードしたと思って、第一パイロンを回った、と思ったら、カット!!あちゃー(泣)やっちまったい。1周ペナでも追いつけるかな?とちょっと色気だしたら8周目でまたカット!!終了〜。あーあ。アホやなぁ。
で、お次は3分タイムラリー。スポーツマンのパターンを近めコンパクトにすればいけるかな?と大体の目処をつけて、ちょっと早い気がしたので一回ローパスロールしてからゆっくり着陸。何と3分09秒。あちゃー、またやっちまったい。タイムオーバー。最後のローパスしないでさくっと降ろしてたら、ぴったしだったのにぃー。残念でした。
AE60D4FC-E2E6-4611-A092-ECF82A517FF9.jpeg
で、名物の芋煮を食べてウマー!!私の場合は芋ぬきだから牛鍋ですけどね(笑)
2F49B2AC-0E65-4C12-8753-87B9ED6AF4F0.jpeg95C7DBD9-794F-48D0-990D-A2B809E28D1A.jpeg3D3EE677-766C-4AAD-A2D4-DD79971E48FC.jpeg
152B0B04-2669-4F89-94E0-47782B1C1EDA.jpeg
お腹満腹の後は自由飛行
久しぶりにラダーオンリープレイリー
F2D10D81-2940-4BF2-A406-EDF8B35A7D70.jpeg
上空風があってかつ林の乱流で右からの着陸がままならない。ので左からに変更、無事クリーンランディングで下ろしました。降りた機体を拭いていると、あれ?エンジンのネジが無い!
A974E017-CC42-4155-A4D6-C4D79A5430D4.jpeg
しかも2本。始動の時、なんかスローが薄かったのはここからエアーを吸ってたからなのねん。果たしてここに合うネジがあったかなぁ?

さて、お楽しみ抽選会です
1番大きいのはコレ
F2A2091D-3F29-4F25-A1EC-97803DEB920A.jpegF9CD2E1E-4E41-45A0-8065-3148B2EC79FF.jpeg
メンターですかね。でもエンジン買ってサーボ買って引込脚買ったらかなりなもんだなぁ。当たらなくて良かった?(笑)
そんで私はこれが当たりました!!
コルセア!!
459177B8-15AD-469A-A7E7-6B2DB9026000.jpeg
やったー!!嬉しいー
が翼長550mmなのよね、飛ぶかな?

nice!(0)  コメント(0) 

2019カシオペアスタント大会後記② [大会]

余計なお世話かもしれませんが、仲間内のフライトメモです。参考になるかなあ〜

 
OIWKさん
普段フルサイズ機を飛ばしている速度、見え方になる様な距離で飛ばしましょう。フルサイズ機のまんまの距離で飛ばしてるので機体がすごく小さく見えます。機体が左向きの時は完全に内かしぎです。また上空に行くほどに内かしぎが多くなってます。翼が見えてないから機体の方向が分からないのでは?一定の距離を正確に「水平に飛ばす」ことと、高度によって翼の見え方が違うのを覚え込む様、普段からクラブの方に言ってもらえば直せると思います。それからのパターン練習ですねー。
 
KIZMさん
先ずは機体の調整から。ゆっくり目の水平飛行から徐々にエレベーターアップを入れて行って、フルに打ってループしてもロール方向にヨレないギリギリの舵角にしてください。着陸で舵角が足りなくなると思いますので、そこはランディングモードで舵角を増やしてください。エルロンは垂直降下最スローでフル舵角にした時のロールレートを基準とします。あとは好みでエキスポを入れます。尚、スピンとかスナップはまた別に設定します。演技の前後には必ず水平がありますので、演技ひとつひとつを丁寧に、前後にキッチリと水平を入れることでメリハリが出ます。
 
なっかーさん
パターンってどれだけ正確な図形を描けるか?って言うヤツなので、先ずはスポーツマンの演技ってどういう図形なのか、理解することから始まります。適当にこんな感じ?ってやってもそれっぽくはなるけど、評価はしてもらえません。正確に図形に合わせるにはどこをどうしたらいいのか、考えて、工夫して、試して、の繰り返しで、やり方を覚えていくわけなので、そこを突き詰めていくととっても楽しめます。何の競技でも同じなんですけどねー。
 
ポルコさん
今まで何回も言ってきたので書きませんけど(笑)作って飛ばせる人って極少ないんですよ。飛ばせる人が作ったものと、飛ばせない人が飛ばせる人のアドバイスで作ったものって、やっぱ違うんですよねー。だから飛ばす方も頑張って欲しいの。とにかく機体はあれこれ変えないでミュゼット1本でいいので、いっぱい飛ばして、慣れて、自信つけて楽しくやってね(^_^)v
 

以上、偉そうに言ってすんませーん

nice!(0)  コメント(6) 

2019カシオペアスタント大会後記 [大会]

記憶にあるうちに書き留めておきますね
先ずは大会を通して感じた演技の印象からです

①一定のコースを続けて飛ばすことに慣れていない、というか多分そういう風に飛ばそうと普段から思っていない?
②どういう図形を描かなくちゃいけないか正確に理解してない?
③スロットルと舵の効き具合の関係が分かっていない?
④素点上位は普段フルサイズ機でF3Aをやってる方々ですが、70クラスは練習していないでしょ?

①〜③スタント競技の面白いところは、どれだけ自分の意のままにコントロール出来るか?と言うところです。飛行機任せなら簡単ですが、そうじゃないところにこの趣味の面白さがあるんで、どうせやるならそこをタップリ味あわなきゃ勿体ないじゃないですかー
④おかげ様で私の付け入る隙があるので、皆さん70は練習しないでね(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

2019カシオペアスタント大会② [大会]

続きです

今回は39名参加ということで、2R出来ることになりました。もう少し参加者が増えると1フライト2回パターンとか、1Rだけとかになりそうですが、今回は丁度いい感じでした。

カシオペア大会というとなんと言っても豪華な賞品群で、今回は入賞者の他、飛び賞、参加賞、超豪華なスペシャル賞品もありホホホホ、嬉しい。

天候は1日通して曇り時々薄日がさし、風も弱く絶好のフライトコンディションでした。南向きの飛行場ゆえ、お天気の日は太陽が眩しく厳しいのですが、大会期間中は全く影響なく助かりました

D845FA15-5E24-4A32-BA01-D01725D4FE5D.jpeg

前回大会で素点が多かったおかげで、今回のハンデキャップは「-94点」と絶望的な数字をいただきまして、こりゃダメだと思いましたが、まあ来年のこともあるし、ウケ狙いでいこうと決めて気楽に飛ばすことにします。で、もちろんスタート順は1番手で、風も定まらない中スタート。ウケ狙いを意識するあまり、まったり飛ばし過ぎまして肝心の図形が狂ってしまいましたが、まぁOKじゃないの?415.5点頂きました。おー出来過ぎじゃ。

今回の得点掲示は八ちゃんが上手いこと考えてくれてまして、飛行が終わって得点入力するとリアルでモニターに順位と賞品が表示されます。ハンデキャップ制なので、順位がコロコロ変わり上がったり下がったり、欲しい賞品の順位まで下がれ〜、上がれ〜、と全員が最後のフライトが終わるまでヤキモキして楽しめました。これはいいシステムですねー。ジャンケンだけでなく、こういうのは自分の飛行成績に関わるので大変良いと思います

77E6AB9C-E664-4A58-BCB8-A1958F198417.jpeg

更にOIWKさんから超高級品の提供もありクイズで争奪戦をしましたが、ヒデさんと私が正解してゲットしました!嬉しーー!!ラッキー

21221EF4-5A09-4503-9559-B8DE749F03C3.jpeg

という事で、全2ラウンド出来まして、大変楽しい1日でした

結果はハンデが効いて真ん中以下でしたが、素点トップ頂いたのは嬉しい!

あ、でも来年のハンデがぁ〜(泣)

AF0785E4-1200-41CA-B6F8-B61F0823C00A.jpeg

ポルコさん提供の画像

ありがとうー

A0A801C7-911B-4A19-A701-C8F23B8C2F3C.jpeg3B66BD8C-F9D3-4855-A2CA-366B00268DBD.jpeg

主催のカシオペア加藤さん、奥様、KMAのKNBさん、SWDさん、ジャッジのUEDさん、SKMTさん、参加の皆様、大変お疲れ様でした。お世話になりました。ありがとうございます

大会後、SKMTさんと八ちゃんに私の機体を味見して貰いました。どうだったかな〜(^_^)v

648CB412-0148-4F49-80B3-FC04D0C1CB3F.jpeg

帰路、真っ直ぐ帰るつもりでしたが、さすがに疲れて途中のSAで休憩。そのまま爆睡してしまい目が覚めたらあたりは薄明るくなってました。おかげで朝のラッシュ時にぶつかり、余計に疲れたぁ

いっぱいいただきました。ありがとうございましたm(_ _)m

FB4355C3-9CE5-4ECA-85E9-BDEE77E148DF.jpeg

(続く)次回は、皆さんのフライトをみて気付いたことを書きましょうかね。

nice!(0)  コメント(0) 

2019カシオペアスタント大会 [大会]

さあ、大会当日
朝6時に目覚ましをかけてたんだけど、4時に起きちゃった(笑)なのでサッカーをDAZNでみて、気分が良くなったところで出発。一番手なので早めの行動が吉。
6E911BB0-29F3-4B39-985E-3B046A94CE47.jpeg
4597920F-D3D8-4BCE-8654-94E27B5C970D.jpeg
今日の目玉はポルコントラ改め、ポルコンのお披露目と、フルスクラッチレーザーカットの飛燕スポーツです
C835D46D-39A1-454E-800C-B05B48616506.jpeg
集合写真を撮るので機体を並べます。だんだんカシオペアの機体が増えて来ましたね
50FE74E3-7353-488F-A5C4-732B5CD8D912.jpeg34C29FFE-6E8A-4D02-8BCD-CC0A1B93E645.jpeg
SKMTさんとカシオペア加藤さんの目慣らし飛行の後、私のフライトで大会のスタートです
FC41CA77-0BA7-46A5-91C4-5003471547EF.jpeg
今回、私はこの機体を持ち込みました
039E0B50-C6DD-446D-A6B2-7023DE60D304.jpeg
機体の詳細と大会結果については後ほどアップしますね。なんせ只今、土山SAで書き込んでますのでσ^_^;

nice!(0)  コメント(0) 

2019カシオペアスタント大会前日 [大会]

松戸の長女ん家を0時半に出て東名〜東名阪〜京都縦貫道経由で8時間弱で会場へ到着
44AF3C62-5374-4358-B558-9AC48A91BEC8.jpeg
KMAのKMBさんとSWDさんが芝刈りされてました。細かい雨が降ったり止んだり。でもなんとか飛ばせそうです

お昼にはだいぶ人が集まって来て、明日の大会に向けて、皆さん調整です。湿度が高く風もなかったので飛行機はどっしりと気持ちよく飛んでました。明日ジャッジのSKMTさんはネオ70に19インチペラで飛ばしてましたが、音、速度がすごく良い感じで飛んでました。雰囲気がよくて、このユニットはありですねぇ。私もやってみようっと!
8260541A-3FC0-42CB-A7DA-35715200F8DD.jpegC32396C8-3821-47E9-881C-FB2E20401B70.jpegFA3D398D-66BE-46D9-A860-32CB7EE33E03.jpeg

前夜祭で食べまくり〜
久しぶりに腹パンパンまで食べたわぁ
3E723F8B-A7E6-4F44-8BA9-3DD64DD41553.jpeg

nice!(0)  コメント(2) 

珍しいぞ [大会]

今月号のラジ技を立ち読みしていたらσ^_^;珍しく私が助手をしている写真がありました。
実は助手って、あんまし得意じゃ無いんだけどね〜
口より手が速いもんで(笑)
CF998F91-9E59-447A-90D1-1FD37AD80130.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

クロス電動機の集いー2019冬ー [大会]

毎度お世話になっております
電動機の集いの開催案内がアップされました
https://e-rc.jp/event?eid=93M1tNt7QHhk
BBD8C5E6-F87D-4481-B9C5-6BF00F98A819.jpeg
私も行こうかなー
いや、行くに決まってる(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

なぜに大会へ? [大会]

毎度お楽しみ、カシオペア大会に向けて準備中です

何でこんなに遠くまで出掛けて大会に出たがるのか?変なヤツ!とお思いの方も多いと思いますが、そうなんです私が変なオジサンです( *´艸`)

それはともかく、なんで行きたくなるかと改めて思い返すと
①普段味わえない緊張感
②他の参加者との交流、情報交換
③思ったように出来なくてメッチャ悔しい
④上手くできなかったことの反省
⑤上手くいかなかったら出来るように練習
⑥上手くいくと最高に気持ちいい
⑦上手くいったら更に上を目指す意欲が湧く
⑧情報交換に向けた新ネタ開発
⑨機材準備と調整
⑩ブログのネタ

要は一人で飛ばしているとマンネリになるんですけど、大会に行くたびに新しい発見や人との繋がりができて、それが更に、次への意欲になるという循環です。クラブでだべりながら飛ばすのは楽しいですが、普段会えない方と話ができる、機体が見られる、飛びが見られる大会遠征はまた格別ですね。

そもそも、私も最初から大会に出たかったわけではありません。きっかけはクラブ主催の大会に頭数合わせで出たところ、思いのほかの好成績で気分が良かったからですが、そこから先は苦闘の日々(笑)でしたね。成績優先で出るとほんと辛い。資金や時間の負担も次第に大きくなってきましたし。それがカシオペア大会に出るようになってから、成績だけでなく大会自体を楽しもうという方向に変わってきました。はっきり言ってハンデ付の大会で成績を出そうというのはかなり無理がありまして、そこだけを求めると、参加する意味が無くなってしまいます。成績以上に前日練習や前夜祭、そして当日の参加者間の絡みが面白くて、もはや私の年間計画はカシオペア大会を中心に回ってしまっています。春の水上機、秋のスタント。この日のためにせっせとネタ作りして、かつやっぱり飛ばす以上は自分が納得できるような飛びが出来るよう練習します。参加することが目的でもいいんですが、それだけではもったいないのでそれなりの準備をするところから楽しみは始まっているわけです。このような場を提供いただいているカシオペアの加藤さんには感謝感謝です。

さて、今年はどんなネタが飛び出すかな?
楽しみで楽しみで、指折り数えて待っています。


nice!(0)  コメント(0)